たかが便秘、されど便秘、便秘が人生全てに影響する

 人は様々な要因やストレスなどで、容易に便秘したり下痢したりします。
 漢方医学は、 病気をさがす顕微鏡やレントゲンや血液検査など、何も無い時代に発展した医学なので、体から出てくる汗、尿、便をとても重視して、わずかな変化にも対応できる手段を開発してきました。
 また、最近の医学研究でも、腸は、人の免疫や自律神経など様々な生命活動に大きく影響していることがわかってきました。
一般的にも健康の指標として、『快食、快眠、快便』と言われるように、毎日、スッキリと便が出ることが健康のバロメーターと言われています。

 しかし、現実には、子どもから大人まで、便が硬めで出にくい人が大勢います。結論から言うと、食生活が欧米化し、食事中の蛋白質が増えて、食物線維が減り、蛋白質と食物線維の割合が逆転したために、それらをエサとしている腸内細菌が善玉菌から悪玉菌に変化したからです。

 善玉菌は、野菜や海草などの難消化性食物線維を消化して、 酢酸、 乳酸、酪酸、プロピオン酸などの体に有用な短鎖有機酸を作り出し、 赤ちゃんの酸っぱい臭いのウンチのように、固まりにくい軟便になります。 腸内を弱酸性に保って、病原菌が増えないように、腸や体を守ってくれるだけでなく、腸の粘液バリアの傷を早く治したり、酪酸が制御性T細胞を誘導して、アレルギーやアトピーなどの過剰免疫反応・を抑制します。

 ところが悪玉菌は、蛋白質やアミノ酸をエサにして、硫黄化合物やインドール、スカトール、アミン、アンモニアなど有害物質を産生して、腸内をアルカリ性にするので、カルシウムが吸収されずに脂肪と結合して、カルシウム石鹸化して、便がカチコチに硬くなり、ますます悪玉菌が増えて、臭くて、黒くて、硬いウンチになり、腸に炎症を起こしやすくしてしまいます。

 この図のように、腸に良いからと、ヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどのプロバイオティックス食材(種菌)をいっぱい食べるより、豆や野菜などの火を通した食物線維(種菌のえさ、畑の肥やし)であるプレバイオティック食材をいっぱい食べてください。京都府立医大の内藤先生の行われた、京都府で百歳を超える長寿の方々がいっぱいいらっしゃる丹後地方の方々の大便と食生活を、京都市内の人たちの大便や食生活とを比較した研究がありますが、長寿者の多い地方の方々は、圧倒的に食物線維の摂取量が多かったそうです。

 結論として、便秘は、食物繊維不足であり、便秘が治るまで、徹底して食物線維を増やす食事をすれば、便秘が治るだけで無く、アトピーやアレルギーや様々な慢性炎症体質が改善されて、確実に、肌の調子が良くなり、美容にも良く、健康長寿になれるのです。

関連記事