水いぼは漢方で治りますか?

水いぼは漢方で治りますよ!

水いぼは、正式名を伝染性軟属腫と言ってウイルス感染の一種です。
従って、長い子でも数年我慢していると、身体に抗体が出来て、自然に治ってしまいます。従って抗体を持っている年長児や大人には罹りません。イボをひっかいて潰したりすると、水イボの内容物が皮膚に飛び散って、付着した部分に広がっていきます。

水いぼの特効薬はハトムギです。漢方ではハトムギの殻をむいた種(ヨクイニン)を使います。ヨクイニンは健康保険に収載され、イボ全般に適応のある飲み薬として皮膚科の先生もよくご存じのはずですが、大人の場合、使っても効果が出るのに数ヶ月かかり、効く人は半数以下なので、あまり信頼されていないのが現状です。

ところが、乳幼児の水いぼに限っては、効果は90%以上という文献報告があるくらい良く効きます。
もともとハトムギは食用として雑穀米に入れて炊いたり、センベイにしたりするもので、いくら食べても害になる物ではありません。ですから、乳幼児に対して、大人の投与量に近い量を3ヶ月ほど続けていると、水いぼの付け根の皮膚が赤みを帯びてきて、枯れるように小さくなり、自然に落ちてしまいます。
子供に食べさせやすい粉末があり、健康保険が使えますので、是非、お試し下さい。