発熱外来の案内

要旨 1.安全性 当院は院内感染予防の徹底のため、 独自の全室24時間空間除菌を行って、患者間の相互感染を防いでいます。(実際の予防対策の詳細はここをタッチ)。
   2.対象者 発熱している人だけ、時間を分けて診療します。12:30~13:00
   3.予約制 事前に電話を入れ、保険証持参で、指定した時間にいらしてください。
   4.検査と治療 新型コロナウイルスとインフルエンザの抗原検査を行っています。その場で判定して、有効な漢方薬を処方します。


発熱外来: 熱のある人だけを分けて診療します
新型コロナが終息するまで、昼12時30分~13時00分に、熱のある人だけの診療を行います。
それ以外の時間帯では対応できません。ワクチン接種は18時30分から19時までに行います。

診療を希望する人は必ず電話してください
午前中に、必ず電話連絡してからご来院ください。
一人も連絡がない日は、12時で午前の受付を終了します。

診療内容と検査、お薬について
 インフルエンザやコロナウイルス感染が疑われる場合は抗原検査を実施致します。当院ではPCR検査は行いません。
 多くのウイルス感染(コロナ変異株、インフルエンザ、普通感冒ウイルス、ヘルペスウイルスなど)に著効のある漢方薬があります。
(詳しくは、『コロナの自宅療養こそ漢方を!』をクリックしてご確認ください)
 細菌感染を疑う場合は抗生物質も出します。 お薬は全て、院内でお渡しします。

会計、支払について
 抗原検査が陽性の場合は、国から治療費が出るので、自己負担はすくなくなります。

当院の徹底した感染防御対策
当院は、常にプール臭がするくらいの次亜塩素酸水ミストに満たされた診療所で、充分な感染防御濃度の空間を維持しています。
空中にただようマイクロウイルス飛沫、室内に付着する全てのウイルスを、瞬時に不活化、消滅することができます。
来院中に咳が出て飛沫が飛んでも、お互いにマスクをしている限り、直接吸い込まない限り、感染する心配はありません。
どうぞ安心してご来院ください。

感染防御装置の概要
次亜塩素酸水専用の超音波噴霧器エコル4台、
次亜塩素酸水24時間自動生成のパナソニック製ジアイーノ(18畳タイプ)4台、
業務用プラズマクラスター3台、大型家庭用プラズマクラスター空気清浄機3台を設置しています。
安全性については、当院が行う『室内空間除菌』の安全性と有用性を参照して下さい。
ちなみにクリニックの広さは約30坪、たたみ60畳分の広さがあり、ジアイーノだけでも72畳分をカバーできる充分な能力です。

関連記事