夏バテ軽減の極意

夏バテ軽減について
 7月上旬は、まだ梅雨のまっただ中ですが、梅雨の晴れ間には、30℃を超える猛暑日になっていますね。この温暖化で地球はどうなるのだろうと考える余裕もなくなるほどの酷暑が、オリンピックとともにやって来そうな気配ですね。
 漢方では、夏バテを暑邪に傷られるといい、清暑益気湯という、暑さを清熱する漢方薬があります。
 しかし、日本の夏は、漢方医学が生まれた中国大陸の夏とは異なり、高温多湿なので、暑さだけで無く、湿邪の影響が大きく、湿邪は胃腸を弱らせて、湿気で体が重だるくなり、浮腫みやすくなり、頭に上るとめまいや頭痛を起こしやすくなり、精神に影響すると心配ばかりするようになって意欲が低下します。
 酷暑が始まらない今のうちから、胃腸を丈夫にする漢方薬を始めておくと、夏バテが軽減できます。
 さらに最近の日本人は、冷蔵庫から、毎日、朝昼晩と休み無く、冷たい飲食物をお腹に入れるので、胃が動かなくなり、内臓が冷え切って、胃腸を壊して下痢しやすくなったり、涼しいはずの夜間に手足が火照って眠れなくなったり、寒邪によって様々な体調不良を起こしやすくなります。

 つまり、日本の現代の夏バテは、暑邪、湿邪、寒邪が同時に襲ってくるものであり、清暑益気湯一剤ではカバーしきれないのです。詳しくは、私が全国の医師向けに書いた夏バテ漢方治療の新しい考え方(三段活用)というリーフレットをクリックしてごらんくださいね。