次亜塩素酸水で新型コロナウイルス殺菌効果を実証

 当院で2月末からコロナ対策として導入している次亜塩素酸水は、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどを、ほぼ完全に殺菌することは、すでに実証されていました。その他のウイルスにも有効だとわかってましたが、新型コロナにも、確実に効くことが実証されました。

 4月28日~5月3日、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターと、次亜塩素酸水の製造・販売を手がける東京の会社が協力し、実証実験をしました。
 新型コロナウイルスを、次亜塩素酸水と蒸留水に、1ml当たり1000万個以上入れて、次亜塩素酸水は30秒以下でウイルスが検出できないレベルまで減少したそうです。

 当院では、塩と水を電気分解して、新鮮な次亜塩素酸水を生成し続けて空間除菌できる「ジアイーノ」2台を、待合室の受付前と処置室前に設置し、さらに次亜塩素酸水をミストとして高濃度に放出できるエコルQOLという超音波加湿器を診察室とトイレに設置して、ドアノブを含めた接触感染リスクと飛沫感染リスクへの対策を強力に行っています。

 さらに、以前から設置している常務用高濃度プラスマクラスター発生装置2台を診察室と処置室に設置し、家庭用大型プラスマクラスター装置も3台、待合室、診察室、処置室で稼働しています。

 また、入口、受付、診察室、処置室に、アルコール消毒を設置し、スタッフ、患者様、関連業者を問わず、全員、入室する前に体温測定を実施して、少しでも感染疑いのある方は、動線を分けて、別フロアで診療して、徹底した院内感染予防対策を実施しています。

今後の電話診療について 当院は極めて強力な感染予防対策をとっている安全な場所です。茨城県も非常事態宣言が解除され、新たな感染予防のガイドラインが出されています。
 そこで、公共交通機関を利用しないと通院できないなど、感染リスクの高い 方を除いて、18日(月曜日)からは電話診療を終了して、通常の診療を行いますので、ご協力を宜しくお願いいたします。