コロナワクチン未接種でも漢方がある!

   要約:ワクチン接種の有無によらず、漢方薬で感染ウイルスの増加を抑制して、重症化が防げる   

 当院では、できるだけ多くの方に接種していただきたいと思い、1回目2回目合わせて1日42人のペースで接種しています。
 院長の私は、科学的根拠と数年来の臨床経験から、ワクチン未接種でも漢方があれば何とかしのげると思っていますが、ベストはワクチンと漢方の併用だと思っています。

 今年は、小児でRSウイルスが大流行しています。乳幼児に重症の肺炎を起こすウイルスで、抗原検査でRSウイルスと診断した症例に漢方薬を用いて、軽症化している例を多く経験しました。私は土浦協同病院の小児科準夜当直にも参加していますが、病院が漢方薬を院内採用してくれているので、そこでも活用しています。

  新型コロナも肺炎を起こしやすいウイルスという点では、RSウイルスに類似しています。漢方薬はウイルスの種類に無関係に効くという報告もあるので、コロナワクチンがまだ接種できないからと言って、不安にならないでください。
 具体的な漢方薬の使用方法は、『コロナの自宅療養こそ漢方を!』https://www.tsuchiura-east-clinic.jp/7763.htmlに詳しく書きましたので読んでみてください。

 

関連記事