『緊急事態宣言』への当院の対応

茨城県も8月17日から9月12日まで、緊急事態宣言の指定を受けることになりました。

新型コロナウイルスのデルタ株やラムダ株は、とても感染力が強いので、デパ地下などでクラスターが起きています。当院は、デパ地下より狭いスペースで、人が密集しています。さらにコロナの患者さんも診療することがありますが、このパンデミックの1年半、院内でコロナ感染が広まったことは一度もありません。

1)最も重要な当院独自のマイクロ飛沫対策
 それは24時間連続して、マイクロ飛沫などが一切無いように、空間の徹底除菌をしているからです。狭いクリニックだからこそできる最強の対策です。プール臭がするのはその為です。
 どんなウイルスでも、種類を問わず、大きな細菌や花粉、ダニ、塵でさえ、殺菌・除菌できることが証明された3種類の機器、具体的には、大型プラズマクラスター発生機4台、パナソニック・ジアイーノ(24時間・次亜塩素酸水生成機)3台、エコル次亜塩素酸水超音波噴霧器4台、合計11台をトイレ、受付、待合、診察室、処置室に配置して、常時、空中に漂うプラズマクラスターと次亜塩素酸水ミストによって、ウイルスのマイクロ飛沫が瞬時に死滅し、全く飛散・浮遊できない状況になっているのです。
 徹底して空間の除菌を行っている理由は、病気を抱えて体力が落ちている患者の方々をウイルスから守るためです。また、漢方診療には脈診などの触れる診察が必要だからです。さらに、当院で働くスタッフや、納入業者を守るためでもあります。
 ハッキリ言って、ここまで徹底している医療機関は少ないです。通院は不要不急の外出には当たりません。どうか、安心してご来院ください。

2)緊急事態時の遠隔(電話)診療
 当院の遠隔診療は、院外処方箋を送るだけで無く、ヤマト運輸によるコレクト便を使って、お薬を発送し、薬の受け取り時に、診察代・薬代を決済しています。
 遠隔診療の対象は、 再診に限って行っています。 どうしても感染が怖くて、自宅から外出できないという方。公共交通機関でしか来院できないという方。日頃から当院へ通院されていて、コロナに感染して自宅隔離療養になってしまった方。そのほか様々な理由・事情で、来院できない状況にある方。診療時間内にお電話をいただければ、遠隔診療をさせていただきます。
 ご遠慮なく、お申し出ください。

関連記事