コロナウイルス感染症の変異株とワクチン予約(令和3年5月)

 コロナウイルス感染症は第4波となって変異株が猛威を振るっています。緊急事態宣言も5月末まで延長されました。
 今、日本で広まっているイギリス型変異株は、人の細胞への親和性が5倍になり、感染力が1.3から2倍になっているとのことです。さらにインド型変異株は、イギリス型より1.5倍、感染力が強いと言われています。 従来型よりも、多くの細胞に同時に感染するため、短時間で障害の範囲が大きくなるので、その分、重症化しやすいと思われます。

 しかし、漢方薬はウイルスの種類に関係なく、細胞の自然免疫力を高めて、オートファジー機能を活性化して感染ウイルスを消化して消滅させ、全身性炎症反応の引き金になるサイトカインストームを正常化して、炎症症状を軽減するので、感染早期に十分量を服用すれば、重症化を予防できる可能性が高いことが、日本の研究者により証明されています。中国でのコロナウイルス終息にも、中医師の貢献が大きいことが報告されています。感冒様症状や熱が出たらすぐにご来院ください。

 変異株は三密を避けるだけでは防げないようです。
 当院は、もともと待合スペースや診療スペースが狭いため、三密予防に頼らないで、あらゆるウイルス感染を予防する空間除菌対策を何年も前から講じていますので ( 具体的には変異株に対する感染予防 を参照)、変異株に対しても当院の予防策が有効であろうと考えています。
 この対策の下で、コロナウイルスワクチン接種を行う予定ですので、どうかご安心下さい。

  ワクチン予約や実施の日程は、土浦市全体で同時に進める予定です。 当院でのワクチン予約は、診療時間内の電話予約、来院受付予約、24時間インターネット予約の3つで受け付けています。5月18日から変更しました。

関連記事