皆様にお願い:入口に感染対策設置

★手で触ったところからウイルスが広がることが多い

 院内は、次亜塩素酸や高濃度プラズマクラスターによって、空間除菌、付着ウイルス除菌など、毎日、ほぼ完璧なウイルス除去を続けていますが、クリニックの外で、階段の手すりやエレベーター内などで、手にウイルスが付着する可能性があります。

 ウイルスを院内に持ち込まず、他の方にも感染させないために、来院時、ドアやスリッパに触る前に、ドアの脇のイスの上にあるアルコールで手指の消毒をお願いします。帰るときに消毒する必要はありません。

感染予防には、手洗いが一番です

37.5℃以上の発熱や、最近、怠い、体調が悪い、咳が出るなど、ウイルス感染が心配と思われる方は、入口のインターフォンで、スタッフをお呼びください。状況に応じて、ドアの外で、感染予防をした上で、診療させていただきます。ご協力を宜しくお願い申し上げます。